中古住宅にホームインスペクションが必要な時期とは?

公開日:2022/01/19  最終更新日:2022/01/17

「ホームインスペクション」とは、住宅の建物状況調査のことを指します。マイホームに長く住み続けるためにも、構造上の主要部分のチェックや経年劣化、災害による歪みなどを専門家に調査してもらう必要があるのです。今回は、中古住宅にホームインスペクションが必要なタイミングについて、7つの例を紹介します。

中古住宅を買うとき

中古住宅を購入する際には、ホームインスペクションを行うのが安心です。住宅の売主は建物の専門家ではないため、住宅の目に見えない瑕疵を細かく把握しているわけではありません。

「中古住宅を購入したのはいいものの、いざ住み始めたら雨漏りが起きている!」といったトラブルを回避するためにも、ホームインスペクションを行って「既存住宅売買瑕疵保険」に加入することをおすすめします。ホームインスペクションで不具合が見つかった場合には、それらを直してからの加入となります。

家を売却するとき

こちらは、住宅を売る側になったケースです。売買後に引渡しが終わってから大きな瑕疵が見つかれば、買主との間でトラブルとなってしまうのは避けられません。ホームインスペクションを行っておけばトラブルを未然に回避し、住宅の買主も安心して契約できます

ホームインスペクションによって何らかの瑕疵が見つかった場合、築10年以内であれば建築会社に修繕してもらえます。また、瑕疵が見つからなかった場合には、そのホームインスペクションによって中古住宅の保険に加入できるようです。

とくに築年数が浅い住宅では、買主から瑕疵担保責任を求められるケースは少なくありません。保険に加入しておくことで、そのリスクを回避することにもつながります。

住宅ローン減税を受けたいとき

住宅ローン減税は、木造で築20年、共同住宅で築25年を超えている場合には対象とならないと思っている人が多いです。しかし、新耐震に対応した住宅であれば、築年数が経っていたとしてもホームインスペクションを行って保険に加入することで、住宅ローン減税を受けることができます。新耐震基準は昭和56年より対応となっているため、それ以降に住宅を建てたという人は検討してみるとよいですね。

瑕疵保証が切れるとき

新築購入時には「瑕疵保険」に加入しますが、この保証は通常10年で満了となってしまいます。新築住宅に瑕疵が見つかったり不具合が起こったりするのは、築10年を経過した頃が多いです。

もっともよいのは、築10年経過前にホームインスペクションを受けて、瑕疵が見つかれば建築会社に瑕疵保証の対象として修繕・メンテナンスしてもらう方法です。すでに10年経過後となってしまっている場合には、ホームインスペクションを受けた後に保険を延長するのがおすすめです。

リフォームしたいとき

ライフスタイルの変化により、住宅のリフォームを考える人も多いでしょう。「子ども部屋を増やしたい」「バリアフリーの家にしたい」「使わなくなった部屋を趣味スペースとして活用したい」など、基本的にはお客様の希望に沿ってリフォームが行われますが、今の状態でどこまで希望を実現できるか、いかに建物に負荷をかけずにリフォームを行うかを判断するためにも、リフォームを決めたらホームインスペクションを受けるのがおすすめです。

ホームインスペクションを請け負う会社によっては、その結果を受けて最適なリフォームプランを提示してもらえる場合もあります。リフォーム後にも長く住み続けることとなるため、ホームインスペクションを経て家族にとっても住宅にとっても最良のリフォームを行いましょう。

10年以上になったとき

先述のとおり、住宅の瑕疵や不具合は築10年を経過した頃に見つかることが多いです。雨漏りのような目に見える瑕疵であればよいですが、構造上の主要部分などは専門家のチェックがなければ気付かないままとなってしまう可能性もあります。今後も長く・快適に住み続けるためにも、不具合が見つかる前にホームインスペクションを受けておきましょう。

長期間住んでいない家に住むとき

人の住んでいない状態が長く続くと、空気の循環が悪くなるため住宅の劣化も進みやすくなります。雨漏りなどはもちろん、目に見えない瑕疵が多く潜んでいるかもしれません。放置すればするほど欠陥は大きくなっていくため、長期間空き家となっていた家に住む場合や賃貸に出そうと考えている場合には、ホームインスペクションを行い必要箇所の修繕・メンテナンスを済ませておきましょう。

 

今回は、中古住宅でホームインスペクションをすべきタイミングについて解説しました。築年数が経過していたり、長期間空き家となっていたりした場合などは想像しやすいですが、住宅ローン減税を受けたいときや「リフォームの際にもおすすめであることは知らなかった!」という人も多いでしょう。今回の記事を参考に、当てはまる項目があればホームインスペクションを検討してみてください!

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

一生に一度の大きな買い物とも言えるマイホームの購入。せっかくマイホームを購入するなら、安心安全で、家族を守ってくれる家に住みたいと思うのは当然のことでしょう。中には住宅診断をする「ホームイン
続きを読む
入居前に家の丈夫さや性能を調べる方法として「ホームインスペクション」というものがあります。また、耐震性を調べる「耐震診断」というものもあります。家の丈夫さや性能を調べたいけど、どちらの方法を
続きを読む
マイホームを購入するなら、大切な家族を守るために、丈夫で性能が高い家を選ぶ必要があります。そんなマイホームの性能を知れるのが「ホームインスペクション」です。ホームインスペクションは「住宅診断
続きを読む