住宅診断を検討している方必見!おすすめのホームインスペクション業者を厳選して紹介します。

ホームインスペクションを行うには資格が必要?ホームインスペクターとは


ホームインスペクションを行うには資格が必要なのか、気になる方も少なくないでしょう。この記事では、ホームインスペクションを行うために資格は必要なのかについて解説します。また、ホームインスペクターの公認資格についても紹介し、最後に業者を選ぶ際のポイントについても解説します。ぜひ最後までご覧ください。

ホームインスペクションは資格がないとできないのか

家の購入や販売は大きな投資であり、慎重な検討が必要です。その際、ホームインスペクションは重要なステップの一つとなりますが、特定の資格が必要なのでしょうか?実際には、ホームインスペクションを行うのに特定の資格を持つ必要はありません。

しかし、こうした作業は専門知識と経験が必要であり、素人が行うにはリスクが伴います。したがって、多くの専門家や業者は「既存住宅状況調査技術者」や「公認ホームインスペクター」といった資格を持っており、これらの資格を持つプロに依頼することが一般的です。

なぜなら、彼らは建築構造や施設の専門的な知識を持ち、経験豊富であるため、潜在的な問題を見逃す可能性が低いからです。ホームインスペクションは資格の有無よりも、信頼性と専門性が重要です。購入や販売に関する大きな決断を下す前に、専門家の助言を受けることを検討することが賢明です。彼らは不動産取引において重要な安心感を提供し、将来の問題を未然に防ぐのに役立つでしょう。

ホームインスペクターの公認資格について

ホームインスペクションは特定の資格を持たなくても行うことはできますが、依頼する以上は、相手に知識や経験を求めるのは当然です。必要はなくても、もっていれば安心材料になるホームインスペクターの公認資格についていくつか紹介します。

JSHI公認ホームインスペクター

JSHI(日本住宅診断士協会)が提供する「公認ホームインスペクター(住宅診断士)」資格は、住宅診断のプロとしての知識と倫理観を証明するために設けられました。合格者は高度な建築、不動産取引、および住宅診断方法に関する知識を持ち、消費者に対して高い信頼性を提供します。これにより、不動産取引における信頼性向上が図られます。

しかし、ホームインスペクターは目視できる範囲内でしか診断ができず、隠れた問題を見逃す可能性があることに注意が必要です。また、発見した問題の修理や改修を行うことはできません。そのため、公認ホームインスペクターが問題点を指摘した場合は、適切な専門家に相談することが肝要です。

既存住宅状況調査技術者

公益社団法人日本建築士会連合会が実施する「既存住宅状況調査技術者」資格は、既存住宅の構造耐力上主要な部分等の状況を調査する技術者を指します。この資格を取得するためには、国土交通大臣が登録した講習を受講し、修了証を取得する必要があります。既存住宅状況調査技術者は、建物状況調査において、構造耐力上主要な部分等の状況を調査できます。しかし、彼らもホームインスペクションの際に目視できる範囲内に限定されます。

その他の資格

住宅インスペクターや一般社団法人住宅管理・ストック推進協会ホームインスペクター、ハウスインスペクターなど、他の資格も存在します。各資格にはそれぞれできる仕事の範囲が異なり、一般的なホームインスペクションにおいては、目視できる範囲内での調査に限定されます。

公認ホームインスペクターなどの資格は、専門的な知識と倫理観を持つプロを示す重要な手段です。しかし、隠れた問題点を見逃す可能性があるため、ホームインスペクションを受ける際は、専門家との連携や、上記以外のスキルを合わせて持っていることが不可欠です。購入や販売における大きな決断を前に、信頼性のあるホームインスペクターとの協力が安心感を提供し、問題を未然に防ぐのに役立つでしょう。

依頼する業者の選び方

ホームインスペクションは、家の売買などにおいて信頼性が求められる作業です。適切な業者を選ぶことは、将来の問題を未然に防ぎ、安心感を提供する鍵となります。

以下は、依頼する業者を選ぶ際のポイントです。

国家資格の保有

上記で紹介した、JSHI公認ホームインスペクターなどの民間資格ももちろん知識をもっているという証明になるため、ダメというわけではありませんが、1級建築士や2級建築士などの国家資格を合わせて持つ業者であれば、それ以上に専門的な知識とスキルを備えているといえます。彼らの専門性はホームインスペクションにおいて大きな利点となります。

設計監理や現場経験

業者が設計監理の経験や現場知識を持っている場合、ホームインスペクションの信頼性が増します。実際の建築現場での経験は問題を的確に評価する能力を高めます。

公開された情報

信頼できる業者は、ウェブサイトなどで担当者の顔や名前、資格などを公開しています。これにより、顧客は担当者の信頼性を確認できます。

第三者の立場

ホームインスペクションは信頼性が重要です。業者は第三者の立場で客観的な評価を提供できるかどうかを確認しましょう。不動産業者、ホームインスペクションを行う家の建築業者の関連会社などは避けた方が無難です。

実績と経験

実績や経験が豊富な業者は、様々な住宅に対処する能力があり、問題を的確に見つけます。顧客のレビューや実績を調査しましょう。

コミュニケーション能力

ホームインスペクションはクライアントとの密接なコミュニケーションを必要とします。業者が情報提供や説明に秀でているか確認しましょう。

費用の妥当性

最後に、料金についても注意が必要です。複数の業者から見積もりを取り、提供されるサービスと費用のバランスを考慮しましょう。適切なホームインスペクション業者を選ぶことは、不動産取引における大きな投資を保護するために不可欠です。信頼性と専門性を兼ね備えた業者との協力は、将来の問題を未然に防ぐのに役立ち、購買者や売主に安心感を提供します。

まとめ

ホームインスペクションを受ける際、資格の有無や業者の選定は重要です。ホームインスペクション自体には特定の資格が必要ないものの、信頼性を高めるために国家資格や公認資格を持つホームインスペクターを選ぶことが一般的です。国家資格を保有する専門家は専門知識とスキルを備え、より高い信頼性を提供します。信頼性と専門性を備えた業者を選び、ホームインスペクションを行ってもらいましょう。

サイト内検索
おすすめホームインスペクション業者一覧
検NET株式会社
検NET株式会社の画像1
さくら事務所
さくら事務所の画像
e-LOUPE(イールーペ)
e-LOUPE(イールーペ)
アネスト
アネストの画像
技研
技研の画像

おすすめのホームインスペクション業者5選

イメージ
会社名検NETさくら事務所e-LOUPEアネスト技研
特徴累計5.5万件以上の実績!圧倒的な安さと240項目以上の検査で質の高いホームインスペクションを実現業界実績No.1!徹底指導を受けた50名以上のプロのホームインスペクターが在籍!先端の診断機器を活用した他社には無い調査を導入!大手企業との取引実績も豊富年間2,000件超の実績!第三者の立場で購入や建築サポートなどをおこなう第三者機関全国対応可能!国土交通省から指定、登録を受けた確認検査機関だから安心
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら