住宅診断を検討している方必見!おすすめのホームインスペクション業者を厳選して紹介します。

欠陥住宅でよくある不具合とは?見極めるポイントや対処法をご紹介!

公開日:2023/08/12  

欠陥

これから注文住宅を購入しようと考えている人や、中古住宅を購入しようと考えている人に、今回の記事はおすすめです。欠陥住宅でよく発生する不具合について紹介します。新築物件なので、不具合が発生することはないと決めつけないようにしましょう。設計ミスや人的ミスで、欠陥住宅となってしまうケースがあるからです。

そもそも欠陥住宅とは

すぐに欠陥を発見できないケースが多くなっています。普段目にする機会がない場所に、欠陥が生じているケースがほとんどだからです。

安全性に問題がある住宅のこと

建物として、満たされなくてはいけない性能が欠けている住宅を指します。性能が欠けているので、安全性に問題があります。建物の重要な部分である基礎、土台、柱などの血管が生じている場合を指します。そのため、壁紙の剥がれや本来締めていなければいけない、ネジの緩みなどは該当しません。

要因

このような状態の住宅が完成してしまう要因のほとんどは、設計ミスや施工不良です。入居後、すぐに異変に気づくケースよりも、1~3年程度が経過したときに気づくケースが多いです。その理由は、基礎や土台に欠陥が生じていても、普段の生活で目にする機会がないからです。

そのため、なかなか気づきにくいことが考えられます。また、新築の物件で欠陥があるはずがないと、購入者が考えていることも影響しているでしょう。

不利益を最小限に抑える法律

住宅の品質を確保するだけではなく、購入者の利益を保護する目的で、2000年に施行された住宅品質確保促進法があります。また、2009年に施行された住宅瑕疵担保履行法は、欠陥の補修費用をハウスメーカーなどに対して、確保することを義務としています。

欠陥住宅でよくある不具合

さまざまな不具合が発生します。他人事と思わずに内容を押さえておきましょう。

ひび割れ

建物のひび割れのすべてが欠陥を示しているわけではありません。なかには、安全性に影響を及ぼさないものもあるので、見極めることが大切です。地盤沈下や施工品質に問題があるケースがほとんどです。

たとえば、天井や内壁にひび割れが生じるケースがありますが、こちらは施工品質によるものであり、安全性に影響を及ぼさないものであると認識されています。

雨漏り

屋根から雨漏りが発生するというイメージを多くの人は抱きますが、新築物件の場合は外壁、窓、ベランダなどです。外壁や窓の防水シートの施工不良や、ドレイン周辺のおさまりが良くないなどの原因が考えられます。

水漏れ

給排水管の接続不良が原因で、水漏れが発生するケースがほとんどです。1階に水回り設備を集中して設置していると、床下に水漏れが発生していても気づきにくいですが、2階に水回り設備を設置していると、1階の天井に染みが発生するので気づきやすいです。

建物の傾斜

施工不良や地盤沈下が影響しています。床が傾くだけではなく、基礎や壁にひび割れの症状が見られるようになります。また、ドアを開閉するときに不具合が発生します。

天井裏

木材同士を結合させる金具に問題があるケースが目立ちます。屋根の重みを支えている天井裏の強度が弱くなってしまうと、地震が発生したときに屋根の重みを支えきれず屋根が落下してしまう危険性があります。とくに、瓦屋根の場合は、重量が重たいので注意しなければいけません。

床下

実際に目で確認する機会が少ないので、異常が発生していても気づきにくい部分です。湿度が高い床下は、シロアリがたくさん生息してしまう可能性があり、セルロースを食べられてしまい、住宅が傾いてしまうこともあります。

欠陥が見つかった場合の対処法

2つの対処法を紹介します。トラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

無償で補修してもらう

瑕疵担保責任を負うようになっているので、ハウスメーカーなどの業者に連絡しましょう。補修を依頼するだけではなく、代金の減額や契約の解除なども可能となっています。

第三者機関に相談する

トラブルを未然に防ぎたいときや、住宅を調査してもらいたいときは、第三者機関であるホームインスペクションを行いましょう。

欠陥住宅を見極めるポイント

3つのポイントを紹介します。事前に調査を行いましょう。

内覧をきちんと行う

適当に内覧を済ませてはいけません。床の傾きやきしみは、建築の知識が無くても気づきます。専門家が内覧のときに、同行してくれるサービスもあるので利用しましょう。

信頼できるハウスメーカーに依頼する

相談したときに信頼できる担当者であれば、問題ないでしょう。また、施工事例や口コミなどもサイトで確認しておく必要があります。

ホームインスペクションを行う

事前に住宅を診断してもらうことで、欠陥住宅を購入するリスクを低減できます。費用は発生しますが、生活を送り始めてから不具合に悩まされるよりもよいでしょう。

まとめ

欠陥住宅を購入しないために、ホームインスペクションを行いましょう。ホームインスペクターが内覧のときに同行してくれます。このときに建物の調査を実施するので安心してください。欠陥住宅を購入するリスクを低減できるのでおすすめです。

費用は発生しますが、欠陥住宅で暮らしたいと考えている人は少ないでしょう。欠陥住宅か調べるには、ホームインスペクションなどのサービスを利用すると安心です。

サイト内検索
おすすめホームインスペクション業者一覧
検NET株式会社
検NET株式会社の画像1
さくら事務所
さくら事務所の画像
e-LOUPE(イールーペ)
e-LOUPE(イールーペ)
アネスト
アネストの画像
技研
技研の画像

おすすめのホームインスペクション業者5選

イメージ
会社名検NETさくら事務所e-LOUPEアネスト技研
特徴累計9万件以上以上の実績!圧倒的な安さと240項目以上の検査で質の高いホームインスペクションを実現専門家によるワンストップ対応!徹底指導を受けた50名以上のプロのホームインスペクターが在籍!先端の診断機器を活用した他社には無い調査を導入!大手企業との取引実績も豊富年間2,000件超の実績!第三者の立場で購入や建築サポートなどをおこなう第三者機関全国対応可能!国土交通省から指定、登録を受けた確認検査機関だから安心
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら