ホームインスペクションは自分でできる?確認すべき項目とは

公開日:2021/12/22  最終更新日:2021/12/01


ホームインスペクションは家のあらゆる部分を目視などでチェックしていくので、自分たちでもインターネットで調べながらできそうな気がしますよね。今回はホームインスペクションを自分でする際に必要なものや確認すべき項目、また業者に依頼する際の業者選びのポイントもあわせてご紹介します。

自分でホームインスペクションをする際に必要なもの

自分でホームインスペクションをするにあたって必要な道具としては、そこまで手に入りにくいようなものはありません。天井や屋根裏などの高い位置を点検する際に必要な脚立、計測するのに必要なメジャー、傾きを量るのに必要な水平器などです。

専門家はレーザータイプの水平器を使用するなど、専門的な調査器具を活用しますが、ホームセンターで手に入る3000円ほどの水平器でもある程度は代用できます。道具以外で必要なこととしては、主に3つあります。

・ホームインスペクションでチェックする項目を把握すること
・チェック項目を見て、得た情報を理解して判断すること
・売主や施工業者の説明を理解できること

1つ目に関しては、インターネットで調べればいくらでも情報が出てくるので、知識がなくても大丈夫だといえます。もちろん対象物件によって工法や構造、プランはさまざまであり、チェック項目は違ってきますが、それについても参考となる情報は必ずあるので心配は無用です。

確認すべき項目と主なチェック項目としては、建物外部では、外壁や基礎、屋根、雨樋、床下などが挙げられます。また、建物内部としては、リビングやダイニング、各部屋の床、壁、天井、扉の動作などが挙げられます。

さらに、それに加えてキッチンや洗面所、お風呂場、トイレなどの水回りや、電気、ガスの設備も点検する必要があります。このようにチェックするべき項目を調べて把握し、実際にチェックするところまでは問題はないといえます。

ホームインスペクションは専門業者へ依頼するのがおすすめ

もし自分でホームインスペクションをしていて、ひび割れや傾き、歪みなどを発見した場合、それが果たして問題なのかそうでないのかを自分で判断しなければいけません。この場合、専門的な知識や経験が必要になってきます。そして、気になったことを売主や施工業者に伝えたときに、「大丈夫、問題ないですよ」といわれても、それが真実なのか素人では判断することは難しいでしょう。

ホームインスペクションを自分で行うことは、節約にはなりますが、かなりの時間と手間がかかり、とても困難です。なので、家族が快適に安心して長く住み続けるためにも、知識や経験が豊かな専門業者に見てもらった方が安心だといえるでしょう。専門の業者にホームインスペクションを依頼することによって、不具合の早期発見や対処ができるということは被害拡大の防止になるだけでなく、後になってから不具合が発覚した時の手間を軽減したり、費用を抑えたりすることにもつながります。

ホームインスペクション業者を選ぶときのポイント

ホームインスペクションは専門業者に依頼する方がよいということがわかりましたが、業者を選ぶときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

まずは、経験や実績がちゃんとあるかどうかを見ましょう。その会社はこれまでに、どんな建物を何件ほど診断してきたのかを調べましょう。HPなどに記載がなければ、直接聞いてみてもよいでしょう。

また、建物の工法は木造や鉄筋コンクリート造など、さまざまな種類があるので、すべての工法に精通しているというホームインスペクターは滅多にいません。なので、依頼する建物の工法に詳しい業者かどうかを確認するとよいでしょう。また、資格としては、「一級建築士」を持っていることが望ましいです。

さらに、調査した結果をわかりやすく説明してくれたり、依頼者の聞きたいことをヒアリングしてそれに応えたりするコミュニケーション能力があるかどうかも大切なポイントになります。

次に気をつけたいことは、ホームインスペクション業者の第三者性です。中には、不動産業者や建築業者、リフォーム業者と癒着しているホームインスペクション業者があるからです。このような業者だと、たとえばリフォーム業者に癒着していて、補修する緊急性がないのに工事をさせようと促されたりするなどして、正しく見て判断してもらうことができません。

なので、そのホームインスペクション業者が不動産業やリフォーム業をしていないこと、関連会社や子会社でそれらをしていないことを確認しましょう。

そして、適切な価格設定がなされているかということにも注意が必要です。不自然なくらい格安な価格設定であったなら、ホームインスペクションではなく、工事などの他のサービスでもっと大きな利益をあげようとしている可能性があります。本来格安で提供することはできないはずですので、騙されないようにしましょう。

 

いかがでしたか。ホームインスペクションはインターネットなどを使って、自分で調べながらするということもできないことはありませんが、知識と経験の不足から、やはり業者にお願いしたほうが無難であることがわかりました。業者選びにも注意して、適切な金額で正しい診断をしてもらうようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

一生に一度の大きな買い物とも言えるマイホームの購入。せっかくマイホームを購入するなら、安心安全で、家族を守ってくれる家に住みたいと思うのは当然のことでしょう。中には住宅診断をする「ホームイン
続きを読む
入居前に家の丈夫さや性能を調べる方法として「ホームインスペクション」というものがあります。また、耐震性を調べる「耐震診断」というものもあります。家の丈夫さや性能を調べたいけど、どちらの方法を
続きを読む
マイホームを購入するなら、大切な家族を守るために、丈夫で性能が高い家を選ぶ必要があります。そんなマイホームの性能を知れるのが「ホームインスペクション」です。ホームインスペクションは「住宅診断
続きを読む