住宅診断を検討している方必見!おすすめのホームインスペクション業者を厳選して紹介します。

住宅診断を依頼したいけど点検口がない!?確認のために壁を壊す?


点検口から床下や屋根裏などのホームインスペクションを専門家に依頼したいと考えていても、点検口が見つからなければ目視のみの調査となってしまいます。点検口がなくても床下や屋根裏してほしいと希望した場合、壁を壊すことになるのでしょうか?これからホームインスペクションを依頼したいと考えている人のために、解説します。

点検口がない家もある

点検口は建物の状態を確認するために設けられているものです。点検口から中に入って床下や屋根裏などを調査できます。雨漏りや結露が発生している理由を突き止められるので、補修工事のときにも重要な箇所となります。しかし、必ず点検口があるとは限りません。物件を購入する前に点検口の有無を確認しましょう。

点検口は大事

ホームインスペクションで建物の状況をすべて把握するためには、点検口がないと難しいです。目視のみ調査ではすべての項目をカバーできません。建物を購入するときは、点検口があるかどうか確認しましょう。

点検口がない家もある

点検口が設置されていない建物だけではなく、点検口は設置されているものの、途中までしか点検できないようになっている建物もあります。そのような建物は注意が必要です。なぜなら、これまで建物内部を一度も点検していない可能性があるから。建物内部に不具合が発見されたときには、雨漏りや外壁のひび割れなどの症状が発生してしまっているかもしれません。最悪の場合は建物を取り壊さなくてはいけなくなるので、点検口を設置するなどの対策が必要です。

自己所有物件では点検口を設置しよう

床下と屋根裏に点検口を設置するだけで問題ありません。業者に工事を依頼するときは、ホームインスペクションを依頼するために必要である旨を伝えると、要望に沿った点検口を設置してくれるでしょう。

これから購入を検討している物件の場合

点検口を設置するためには売主の許可が必要です。そのための交渉を仲介業者に依頼することになりますが、売主ではなく仲介業者が渋るケースもあります。どうしても物件を購入したい場合は、建物の外観や目視で確認できる箇所のみホームインスペクションを依頼しましょう。

こちらの調査結果をもとに、物件を購入するかどうか考えます。問題なければ、売買契約を締結して物件を引き渡されたタイミングで点検口を設置。その後に再び調査を依頼しましょう。

住宅診断を行う前に点検口の位置を確認しよう

床にカーペットなどを敷いていると、点検口が見つかりにくくなります。ホームインスペクションまでに周辺を片付けるようにしてください。

キッチンの床下収納を兼ねている点検口

こちらはもっとも多いパターンです。普段は床下収納として使用できますが、点検のときは点検口になります。

クローゼットの天井に設置されている点検口

点検口は、クローゼットにも設置されていることがあります。クローゼットだけではなく浴室や居室にも設置されていることも多いです。ただし、浴室の場合は人が進入するのに適していない場合があります。

点検口のサイズ

点検口のサイズは、30cm×30cm、45cm×45cm、60cm×60cmがあります。45cm×45cmのサイズであれば人が中に入って点検できます。ただし、点検口のサイズが大きくても中の通路が狭い場合は、点検口から懐中電灯などを使用して床下や屋根裏を目視するだけです。

点検口がないときは住宅診断のために壁を壊す?

建物の一部を壊して点検することはありません。点検口の位置が見つからない場合は、不動産会社に問い合わせてみましょう。図面に記載されていないときもあるからです。

建物を壊すことはしない

壁などの建物の一部を壊して調査することはありません。基本的に目で確認できるところは目視で調査します。床下や屋根裏は目視で調査するのが難しいので中に入って確認しますが、調査を希望しない場合は床下や屋根裏に入って調査することはありません。

目視のみの調査となってしまう

建物を壊さない代わりに目視のみの調査となります。可能であれば点検当日までに点検口を設置しておきましょう。点検口を設置するために数万円の費用を負担する必要がありますが、今後も調査を依頼する予定があれば、点検口を設置しておきましょう。

マンション購入前に点検口を設置するのは難しい

マンションの購入を希望している人が、購入前にホームインスペクションを依頼するケースが多くなっています。一般的な利用方法ですが、点検口が見つからない場合、点検口を設置するよう仲介業者に相談しても応じてくれない場合があるのです。売主の了承を得ないといけないため、そのようなマンションを購入したいときは購入までに時間がかかる可能性が有ることを認識しておきましょう。

まとめ

ホームインスペクションを依頼する人は増加傾向にあります。それは、施工を依頼した業者に点検を依頼するよりも、中立的な立場で調査してもらえるからです。調査結果の信用度が高いので、現在生活している物件のリフォームするタイミングやこれから物件を購入するタイミングでホームインスペクションを依頼してみましょう。点検口の設置で数万円程度の出費はかかりますが、点検口があれば目視では確認できない箇所も調査してもらえるので安心です。

サイト内検索
おすすめホームインスペクション業者一覧
検NET株式会社
検NET株式会社の画像1
さくら事務所
さくら事務所の画像
e-LOUPE(イールーペ)
e-LOUPE(イールーペ)
アネスト
アネストの画像
技研
技研の画像

おすすめのホームインスペクション業者5選

イメージ
会社名検NETさくら事務所e-LOUPEアネスト技研
特徴累計5.5万件以上の実績!圧倒的な安さと240項目以上の検査で質の高いホームインスペクションを実現業界実績No.1!徹底指導を受けた50名以上のプロのホームインスペクターが在籍!先端の診断機器を活用した他社には無い調査を導入!大手企業との取引実績も豊富年間2,000件超の実績!第三者の立場で購入や建築サポートなどをおこなう第三者機関全国対応可能!国土交通省から指定、登録を受けた確認検査機関だから安心
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら